読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デビルアクマ

超魔界村

アイドルマスター シンデレラガールズ 第2話5:40〜6:20までの島村卯月さんについて

40秒でわかる島村卯月さんの可愛さ

 

f:id:a9m:20150122000030p:plain

 

本田未央ちゃん「みんな学年いくつ?」

 

ここで学年を聞くところにより未央ちゃんの“高校生らしさ”がガツンとパワーになっている、もう我々には使うことのない表現である。しにてぇ〜〜

 

 

渋谷凛ちゃん「高1だけど」

 

高1、15歳か16歳である。しにてぇ〜〜〜〜〜〜

 

f:id:a9m:20150122000842p:plain

 

 

本田未央ちゃん「えぇ〜、じゃあ同い年だ!!」

 

島村卯月さん「わたしは2年生になりました」

 

敬語。

 

本田未央ちゃん「えっ、下かと思った」

 

渋谷凛ちゃん「わたしも同級生かと」

 

ここで未央ちゃんに同調せずあくまで傷つかないように「自分と同い年くらいの落ち着き方」であることをフォローする渋谷凛ちゃん、この時点でモテ女である素質が伺える、が

 

島村卯月さん「えっ、えぇ〜〜〜」

 

は?かわいい

 

 

f:id:a9m:20150122000953p:plain

 

島村卯月さん「う〜〜〜〜ん」

 

やはり同級かそれ以下に見られることに凹む島村卯月さん、渋谷凛ちゃんの気遣いはビンゴである。慧眼。

 

渋谷凛ちゃん「でもまぁ、一つお姉さんなんだし、リードよろしくね」

 

島村卯月さん「そっ、そうですね! 頑張ります!」

 

敬語。お姉さん扱いされ嬉しいが、敬語。年下に。

 

本田未央ちゃん「うんっ、よろしくね」

 

島村卯月さん「はいっ!頑張ります!」

 

敬語な上に二回同じことを言う。ほんとうに嬉しいみたいなのがこっちも嬉しい。

 

f:id:a9m:20150122001611p:plain

 

本田澪ちゃん「さっすがお姉さん〜〜このこの〜」

 

この時点でお姉さん扱いしてないのに

 

島村卯月さん「えへへ、えへへ、はいっ! お姉さんです!」

 

嬉しそう。一人だけお姉さんなのに、敬語で。

 

 

 

おれ「可愛いーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!」