読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デビルアクマ

超魔界村

アイカツ!OP「SHINING LINE*」のカラオケ映像がヤバすぎる

こんばんは、ついこの間アイカツ!リアルタイム勢になり、ようやくスタートラインに立てた(しかし身体の半身は沼に浸かっている)デビルアクマです。結婚式に流して欲しいアイカツ曲はWake up my musicです。

 

カラオケ行ったんですよ、カラオケ。学生だらけで激混みの中、30分だけ。なぜかって? そりゃお前……お歌がうたいたかったから……

 

んで入れたんですよ、アイカツ!のOPであるSHINING LINE*を。おれはSHINING LINE*のサビに合わせてあおいちゃんと蘭ちゃんと同じ動きをするのが好きなんです。

 

ふと見ると「アニメ映像」の文字。へぇ〜、劇場版やってたし、期間限定なのかな? カラオケのアニメ映像ってたいていただのダイジェストだけど、あったほうが可愛いしちょうどいいや。ただそれだけの、非常に軽い気持ちで送信したんですけど、これがやばかった。

 

 

f:id:a9m:20150123153912j:plain

 

おれ「今わたし達をつなぐ 胸の中 きらめくライン(あの声)」

 

 

f:id:a9m:20150123154017j:plain

 

おれ「(あおいちゃん・蘭ちゃんと同じ動きをする)」

 

やっぱり一番はOP映像が使われ普通に歌って踊った、おれはアイドルだった。

SHINING LINE*、やっぱり好きだ。

 

 

f:id:a9m:20150123155322j:plain

お?

 

f:id:a9m:20150123155325j:plain

 

第83話、おとめRAINBOW! おとめちゃん・マリア

 

おれ「おとめ、滑りまーーーーーーす!!!!!!!!!!!!」

おとめちゃんとマリアちゃん!!

 

 

 

 

f:id:a9m:20150123155331j:plain

 

第79話 Yes! ベストパートナー かえで・ユリカ様

ユリカ様「不思議……! 飛ぶってこんなかんじなんですね、知らなかった……」

おれ「ユリカ様……」

 

かえでとユリカ様が街を走り回ってトライスターのパワーを高めている回

夕陽を見ながらかえでが、トライスターの頃でも見れなかった本当のユリカ様を見ることの出来た瞬間。

 

おれ「なんかこの映像やばいダイジェストなんじゃないか?」

 

気づく。

 

f:id:a9m:20150123155339j:plain

 

第85話 月の砂漠の幻想曲 蘭・そら

 

おれ「あ〜蘭ちゃんカワイッ」

 

f:id:a9m:20150123155344j:plain

 

第82話 めざせ最高のパートナー あおい・きいちゃん

 

おれ「ヤホヤホヤッホーーーーーー!!!!!!!!!!」

 

二番A〜Bメロでスタライとドリアカのみんなのパートナー組のチェキが流れる仕様、この時点でおれは歌うのをやめずっっっっと映像を見ていた。

 

 

そして運命の二番サビ……

 

 

f:id:a9m:20150123155400j:plain

 

おれ「92話のライブシーンやんけ!!!」

完璧に92話アイカツ8のライブシーンに合わせ二番サビが流れだす、ヤバすぎる。

 

 

f:id:a9m:20150123155408j:plain

 

f:id:a9m:20150123155411j:plain

 

 

 

おれ「あぁ〜〜〜〜〜〜〜〜」

 

 

f:id:a9m:20150123155419j:plain

 

f:id:a9m:20150123155422j:plain

 

 

おれ「みくるちゃん!!!!!!!!」

 

 

 

 

そしてCメロ。

 

 

 

f:id:a9m:20150123155436j:plain

f:id:a9m:20150123155438j:plain

『なりたいだけじゃダメだなって 夢のままじゃ違うなって』

 

 

おれ「あれ……歌詞と映像が……101話だ……」

 

 

f:id:a9m:20150123155446j:plain

『逸らせないくらい 綺麗だったの』

 

おれ「うん……うん……」

 

 

 

f:id:a9m:20150123155450j:plain

f:id:a9m:20150123155454j:plain

f:id:a9m:20150123155459j:plain

 

『ありったけの勇気出して 手を伸ばしたんだ』

 

 

おれ「ン゛ッン゛ン゛ッ!!!!!!」

おれ「星宮いちごちゃん……」

 

f:id:a9m:20150123155518j:plain

f:id:a9m:20150123155519j:plain

 

『ココロが晴れ渡る 笑顔がうれしいの』

 

おれ「ひゃ……ひゃ……101話の……」

 

f:id:a9m:20150123155523j:plain

f:id:a9m:20150123155524j:plain

 

『ありがとう いつまでも わたしの道しるべ』

 

おれ「101話の奴来るン゛ッ!!!!!!!!!!」

 

 

 

大サビ

f:id:a9m:20150123155531j:plain

f:id:a9m:20150123155532j:plain

 

おれ「エヘッw」

 

 

 

f:id:a9m:20150123155537j:plain

 

f:id:a9m:20150123155548j:plain

 

 

f:id:a9m:20150123155556j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

おれ「あぁ〜〜〜〜〜〜〜あぁ〜〜〜〜〜」

 

 内線電話「プルルルルルッ!!!!」

 

店員「お時間後10分です」

 

おれ「アイカツ!最高……」

 

 

最高のダイジェストをありがとう、アイカツ!のみんな……