読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デビルアクマ

超魔界村

紫吹蘭 VS. 大都市 上大岡(横浜市)

 

f:id:a9m:20151126164600j:plain

 

「収録、やけに時間が経ってしまったな……

 今日はいちご達と鍋を食べる約束をしていたのに、

 よし、早く帰らないとな。」

 

 

 

しかし、紫吹蘭は大都市上大岡に足を踏み入れてしまっていた。

 

f:id:a9m:20151126165020j:plain

 

上大岡、それは二子玉川・蒲田と並び関東第三都市を冠する横浜市の産んだ化物ような街。

ベッドタウン特有の停滞した空気が、紫吹蘭のセンセーショナルな感性を刻一刻と蝕んでいく。

 

 

 

f:id:a9m:20151126165230j:plain

 

「いちご達、もう準備を進めてるみたいだ。

 よし、とりあえず……この路地を進んでみるか。

 ド田舎を知るなら路地を知れ、基本だな。」

 

 

 

 

 

f:id:a9m:20151126165745j:plain

 

紫吹蘭は知らずに進む……その路地と思い込むほどの薄暗い道が、大都市上大岡の全てである『上大岡中央商店街』であることを。

 

 

f:id:a9m:20151126170155j:plain

 

 

 

f:id:a9m:20151126170250j:plain

 

「なんだ、このTSUTAYA……『死』か?

 私の知っているTSUTAYAとは天と地の差だ。

 本当にツタを売っている店みたいじゃないか。」

 

 

 

f:id:a9m:20151126170445j:plain

 

「駄目だ、見てられない! CDコーナーが私の家の

 ウォークインクローゼットより狭いじゃないか!

 この街の人はこんなところで物を買うのか!?」

 

 

f:id:a9m:20151126170835j:plain

 

 

 

f:id:a9m:20151126170942j:plain

 

(死ぬほどいる……やっぱ死んだ街なんだ……

 TSUTAYAしか、娯楽がない街なんだ……)

 

 

 

f:id:a9m:20151126171057j:plain

 

「ちょっと!山内秀樹(店員の本名)!

 このラベル間違えてるんじゃない!?

 上大岡TSUTAYAで300円のラベルはおかしいわ!

 あなたがドなら私はレ!これが200円ならこれは150円でしょ!」

 

 

f:id:a9m:20151126170942j:plain

 

「…………」

 

 

 

f:id:a9m:20110304203646j:plain

 

 

f:id:a9m:20151126171713j:plain

 

「よかった! ようやく都会っぽいところに出られた!

 なんか見た目がそこそこマシに見えるし、なにせ牛角もある。

 都会に間違いないな!」

 

 

 

紫吹蘭はさらなる地獄……上大岡 赤い風船へと迷い込む

 

つづく