読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デビルアクマ

超魔界村

紫吹蘭 VS. 大都会 上大岡(横浜市) 後編

前回までのあらすじ

 

f:id:a9m:20151126171057j:plain

 

「ヘイ ガイズ!! 今日も元気? 音城セイラだよ!

 私ときいは今日も上大岡TSUTAYAで300円で売ってた

 芸人ワンマンライブのDVDを見てラララ〜って感じ。

 仕事もこれで乗りきれる、やっぱり上大岡は最高!

 今日の晩ごはんは松乃家のササミカツ定食!」

 

 

 

f:id:a9m:20160109051746j:plain

 

「ハムッ!!ハフッ、ハフッ!!ハッハッムシャ!!」

 

 

 

 

 

〜上大岡赤い風船ビル 1F アミューズメントパークジアス〜

 

f:id:a9m:20160109052817j:plain

 

 

 

f:id:a9m:20160109052855j:plain

 

「よし! なんか都会っぽい建物に来たぞ!

 なんかボロいタマゴのモニュメントが気になるけど

 年配の方が少ないからまだ他よりもマシな気がする。

 外観もこの前あおいと行ったホテルに似てるし。

 

 

 

f:id:a9m:20160109053347j:plain

 

 

 

f:id:a9m:20160109053456j:plain

 

「うわっ!イキった中学生がタバコを吸いまくってる!

 見なかったふりをしよう……大丈夫かな?」

 

 

 

f:id:a9m:20160109053833j:plain

(イキった中学生のイメージです)

「姉ちゃん、火持ってない?火」

 

 

 

f:id:a9m:20160109053944j:plain

 

(うわ、話しかけられた

 たまたま楽屋に置いてあった落し物のライター持ってる

 けど……とりあえず渡すか)

 

 

 

f:id:a9m:20151126170250j:plain

 

「はい、ライター」

 

 

 

f:id:a9m:20160109053833j:plain

「姉ちゃん、サンキュ

 あ〜っと、コアラのマーチあげる」

 

 

 

f:id:a9m:20151126164600j:plain

「い、いいんですか」

 

 

 

f:id:a9m:20160109053833j:plain

「うん、嬉しかったから…………ッス」

 

 

 

 

 

f:id:a9m:20151126170942j:plain

 

 

 

(実話です。)

 

 

アミューズメントパーク ジアス〜

 

f:id:a9m:20160109055229j:plain

 

f:id:a9m:20160109054705j:plain

「はぁ、よかった……中は思ったより普通のゲーセンだ

 経年劣化した店内はいっそゲーセンらしい、

 少し好感が持てるな……」

 

 

 

f:id:a9m:20160109055029p:plain

「そういえば、私達がモデルになったゲームがゲームセンターで稼働してるってあおいから聞いたな。

 今まで一度も見たことなかったけど、これを期に

 ちょっと覗いてみようか」

 

 

 

f:id:a9m:20130504223752j:plain

 

 

 

 

 

f:id:a9m:20151126170250j:plain

 

「お、やってるやってる、どれどれ」

 

 

 

 

f:id:a9m:20160109055705j:plain

「……………………………………………

 …………(ッターン)………………………

 チャリンチャリンチャリンチャリンチャリン」

 

 

 

f:id:a9m:20151126171713j:plain

「!? もしかして……おぎやはぎの……小木さん!?」

 

 

 

 

 

f:id:a9m:20080326154417j:plain

 「木漏れ日の翠の光で〜〜〜〜目を覚ましたら……

 ここはぁ…………訪れたかった“トコ”」

 

 

 

 

f:id:a9m:20160109060356j:plain

 

「絶好の旅日和ね〜〜〜高鳴る気持ち

 今日の旅……満喫しましょう」

 

 

 

f:id:a9m:20130515133750j:plain

 

「しっとりはんなり古都の町並みはァ〜〜〜

 美しいな〜〜〜 ずっと色あせ

 

 

 

 

f:id:a9m:20151126165230j:plain

 

 「あ、向こうに駅見えるじゃないか。

 何を迷ってたんだ、私は……もう帰ろう」

 

 

 

 

 

f:id:a9m:20160109060916j:plain

アイカツ!最高……また『ただ雰囲気にひたりたい』

 それだけのために12クレジットも使ってしまった……

 そろそろ晩飯食べようかな、松乃家に行こう」

 

 

 

 

 

 

f:id:a9m:20160109053347j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:a9m:20160109053833j:plain

「兄ちゃん、火持ってない?火」

 

 

 

f:id:a9m:20160109061213j:plain

 

 

 

 

 以上です。